ゲームミュージック&カップ麺

現在所有する約300個以上のゲーム音楽CDや個人的に昔から好きなカップ麺の主に新作レビューをしていきたいと思います。株も好き、ついでにインドアさんです。

GRAVITY DAZE Original Soundtrack [サントラ、グラビティデイズ]


スポンサーリンク

f:id:akipuyo:20170722152051j:plain

GRAVITY DAZE Original Soundtrack」重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動ですね。副題が非常に長い作品ですね(汗

 

作曲が、田中公平氏なのでサクラ大戦とかされてきた方にはなじみがあるのではないでしょうかね。このグラビティデイズのサントラは、先にゲームをプレイする前に買ってしまった系です。ある曲にズギュン!と来てしまったんですよ。それは後で。

 

ゲームの内容ですが、黒猫ダスティの力で重力を操れるキトゥンという主人公(初め記憶を喪失している)が、町の人の手助けをしたり、事件を解決するアクションゲームですね。重力反転などで、上下左右逆さまになったり、高い所から落ちたりするので高所恐怖症の方にはおすすめできません。ですが、風景とかアクション性とか今までにないタイプのゲームで爽快感や目新しさがあり(重力感がものすごいゲーム)、ゲームをプレイしていてすごく楽しいですよ。主人公のキトゥンの表情もめっちゃ可愛いし、登場キャラクターもなんか憎めないやつばかりだし、何せ曲がゲームに一致している所がいい!

 

寝る間を惜しんでゲームをプレイしていた方です。PS4版でプレイしていたので画像とか画質は最高にキレイです。ムービーも滑らかですね。

f:id:akipuyo:20170722152120j:plain

曲の方ですが、町のシーンが私はこのゲームのサントラで好きですね。ひたすら聞くことになるミニゲームのシーン「反抗と殲滅」、ステージの曲「炎獄の道」はじめの町の曲「オルドノア」。中でもこれを聞いてこれだけでこのサントラ買いました。歓楽街の曲「プレジューヌ」です。わたしの中でこれある意味オーパーツですわ。おそらくこの曲が無かったらゲームをプレイする前なんかに買っていないですね。

f:id:akipuyo:20170722152136j:plain

このサントラも、ある意味ゲームをプレイした人用のサントラですね。田中公平氏の大ファンならすぐにでも買っていいのですが、やはりゲームをプレイして風景を思い出したい人におすすめできます。

 

ゲームやっていないとイメージが全く湧いてこないですね。私の場合は曲の「プレジューヌ」のおかげで買うことになりましたが・・・全体的に曲じたいはゲームをプレイした方にはわかるかと思いますが、すばらしいです。

 

amazon.co.jpの内容紹介より引用

PlayStationVita専用ソフトウェア、新感覚「重力アクション・アドベンチャー」ゲーム『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』のサウンドトラックが登場。
『SIREN』シリーズを手掛けた外山圭一郎が贈る独特で爽快感溢れるゲーム、そして重厚なストーリーを、ゲーム・アニメ音楽界の巨匠・田中公平氏による楽曲が彩ります。ブックレットには田中公平、外山圭一郎のコメントを掲載。[収録内容]全47曲収録

 

CD基本情報

おすすめ度(5段階)★★★★

-----------------------------------------------

☆GRAVITY DAZE Original Soundtrack

発売日:2012年3月21日

作曲家等:田中公平

内容:CD2枚

価格:3,360円税込

レーベル:TEAM ENTERTAIMENT(KDSD-00541,00542)

-----------------------------------------------