ゲームミュージック&カップ麺

所有する約300個以上のゲーム音楽CDや店舗ラーメン等の麺類(兵庫県姫路市中心)・カップ麺の主に新作レビュー

無限回廊 光と影の箱 a Soundtrack [サントラ]


スポンサーリンク

無限回廊というゲームは、わたし今回全く知りませんでした。何で気づいたのかというと、ニコニコ動画で「みんなで決めるゲーム音楽」という、ゲーム音楽を好きな同志たちが2chの投票により、有志の動画職人の方が年1回?ベスト1,000ぐらいでランキング動画を発表しており、それで知りました。

 

わたしは、一度聞いて、「これは買うっきゃねーな!」状態でした。とりあえず、写真どうぞ!

f:id:akipuyo:20170629145442j:plain

f:id:akipuyo:20170629145501j:plain

f:id:akipuyo:20170629145510j:plain

無限回廊というゲームは、道の影を作っていきゴールまで登場人物を導くというようなパズルゲームと思いますが、無限回廊 光と影の箱は無限回廊の続編です。

 

聞いてほしいのですが、とにかく曲に癒されます。ゲーム本編中ずっとシームレスに流れるのですが、これがなんと、CDでトラック「prime ♯ 4507」のみです。CD1枚分まるまる途切れることなく流れていまして、1曲しか入っていません75分07秒。久々マニアックな収録の曲を見つけました。

 

ゲームしたことないわたしですが、何度もひたすら聞いていてまったく疲れる事もないし、なんといってもバイオリンの音色が非常に心安らぎます。車で遠出したりするときドライブ曲の一つとして永遠に流しています(笑

 

それぐらい、この曲というかCDは買ってよかったと思える作品ですね。たいがい適当に知らない曲を買って失敗するわたしですが、これ正解ですよ!!!

 

ぜひ、サンプルとかでもいいので、ゲーム全く知らなくても聞いてみてください!

 

 

 SWEEP RECORDサイトよりの引用です

ゲーム音楽史上、類をみない長さの1曲が完成!

PlayStation®3/PlayStation®Move 専用ソフトウェア「無限回廊 光と影の箱」。モーションコントローラを懐中電灯に見立て、影のカタチを自由自在にあやつり、影の上を歩く主人公をゴールへと導く・・・独創的コンセプトのゲーム内容にふさわしい、創造性あふれるサウンドトラックがここに完成しました!
作曲は前作「無限回廊」で内外から非常に高い評価を得た「坂本 英城(さかもと ひでき)」。弦楽四重奏とピアノによる、美しく、起伏に富んだサウンドが濃密な時間を刻みます。

 

CD基本情報

おすすめ度合い(5段階)★★★★★

-----------------------------------------------

☆無限回廊 光と影の箱 a Soundtrack

作曲家等:坂本英城 他

発売日:2010年12月29日

内容:CD1枚

価格:2,100円

レーベル:noisycroak RECORDS(NCRS-0001)

-----------------------------------------------