ゲームミュージック&カップ麺

現在所有する約300個以上のゲーム音楽CDや個人的に昔から好きなカップ麺の主に新作レビューをしていきたいと思います。株も好き、ついでにインドアさんです。

ワンダと巨像 大地の咆哮 オリジナル サウンドトラック [サントラ]


スポンサーリンク

f:id:akipuyo:20170727193602j:plain

「ワンダと巨像 大地の咆哮 オリジナル サウンドトラック」です。これは、もう浴びるほど聞きました。家でも、ドライブしながらでも、ゲームでも。それだけ何度も聞きたくなるくらい良曲サントラですね。個人的に元は取っただろう?てぐらいです。CDジャケットも圧倒的な巨像とワンダのツーショットですね。

 

ワンダと巨像は、1作目「ICO」、3作目「人喰いの大鷲トリコ」の中間の3部作中2作目です。ストーリーの繋がりはそれぞれありませんが、ゲームの作風が似ています。

 

このワンダと巨像というゲームは、禁忌の土地に入った主人公ワンダが、その場所で何かの呪いで眠り込んでいる謎の女性を救うため、禁忌の土地にある巨像達を倒して呪いを解いていく物語ですね。その巨像達の大きさは主人公のワンダの何倍もある巨大な敵です。だが、それに立ち向かう雄姿に圧倒されます。その巨像達を倒すと、女性にかけられた呪いは解放されるのだけれど、ワンダ自身が呪いを受けてしまう。巨像を倒すたびに呪いでワンダが変色していく(黒ずんでいく)。最後の巨像を倒すと・・・という感じです。

 

登場人物は、ワンダ・アグロ(ワンダの馬)・謎の女性・巨像がメインです。オープンワールド中にザコ敵なんか一切出てきません。地図をたよりに、ストイックに巨像だけを倒しに行きます。ゲームをすればわかると思いますが圧倒されます。

 

このゲームの一番すごい所は、まず、巨像によって曲が違う。巨像とのファーストコンタクトの曲、そしてその巨像の弱点を突いたときに曲が切り替わる。その盛り上げ方がものすごいですね。曲調も勝利をつかむようなテーマ曲になります。

 

そして、巨像を倒したときの、最後の一瞬は・・・せつない

f:id:akipuyo:20170727193612j:plain

 おすすめ曲は、これもいっぱいあります。曲名を言うというよりも、巨像とのファーストコンタクトの曲、弱点を突いたときの勝利のテーマ曲全てです。曲のタイトルに「~巨像との戦い~」と書かれているものです。本当迫力があるし、ぜひ聞いて欲しいね。すごいから!!!

f:id:akipuyo:20170727193621j:plain

このサントラの曲を作曲した大谷幸氏は、特撮の映画ガメラなどの曲も作曲されている方で、迫力のある重量感のあるサウンドです。ただ単純に、ゲームをしなくても聞ける曲かというと、曲から入ってただ聞くだけでもいいし、曲を聴いてゲームをする順番でも全然いけますね。

 

ゲームをしていない人でも、youtube・ニコニコ動画などのプレイ動画みてサントラ買ってもありではないですか?わたしはゲームプレイ動画を見てゲームを実際にした派ですが。ゲームを買う前にサントラ買って聞いてました。

 

永遠に語り継がれるサントラです。

 

キングレコードのHPより紹介文を引用します

数々の賞を受賞し今なお不動の人気を誇るロングヒットゲーム「ICO」のスタッフが4年の歳月をかけて築いた新たなる世界。PS2ソフト「ワンダと巨像」のBGMを完全収録したサントラアルバムが待望のリリース! 美しく、広大なフィールドに響き渡る切ないメロディー、そして圧倒的な存在感で迫る巨像に挑む勇気をたたえる迫力のサウンドなど、ゲーム使用曲35曲。さらに未使用曲などのボーナストラック7曲を含む計42曲を収録。 作曲は、平成版「ガメラ」「精霊流し」「新機動戦記ガンダムW」を始めとする映画・アニメ音楽を多数手がける“大谷幸(おおたにこう)”。迫力と情感豊かなオーケストラサウンドで、「ワンダと巨像」に新たな命を吹き込みました。

 

CD基本情報

おすすめ度(5段階)★★★★★

-----------------------------------------------

☆ワンダと巨像 大地の咆哮 オリジナル サウンドトラック

発売日:2005年12月7日

作曲家等:大谷幸  他

内容:CD1枚

価格:2,381円+税

レーベル:KING RECORDS(KICA 1379)

-----------------------------------------------