ゲームミュージック&カップ麺

現在所有する約300個以上のゲーム音楽CDや個人的に昔から好きなカップ麺の主に新作レビューをしていきたいと思います。株も好き、ついでにインドアさんです。

Rom Cassette Disc In TAITO Vol.1 [サントラ、タイトー]


スポンサーリンク

f:id:akipuyo:20170716055125j:plain

Rom Cassette Disc In TAITO Vol.1」ですね。わたしのタイトーの思い出がこれ1枚に詰まっています。

 

今回どうしてもこれが欲しかったのは、普通の人はまったく興味がないかもしれないけれど、FC「ドンドコドン」の曲がようやく投入されました。アーケード版のドンドコドンの曲はサントラですでに発売されているのですが、どうしてもファミコン版が出なかった。しかも、今回FC「バブルボブル2」の曲まで収録されているではないですか?これは買うしかないね~ってことで購入しました。クラリスディスクさんありがとう!

f:id:akipuyo:20170716055200j:plain

 ドンドコドンやらバブルボブルとかの曲を作った人はどういう感性してんだろうってぐらい記憶に残る曲ですね。ドンドコドンは個人的に思い出補正が強すぎるにしても、バブルボブルはポップな曲調で当時のプレイヤーたちの耳に残っているのではないでしょうか?独特ですからね。ステージがスクロールしていくタイプのアクションゲームはまってたわ~曲に合うんですわね。

f:id:akipuyo:20170716055209j:plain

バブルボブルの「スタートデモ-メインテーマ」、バブルボブル2の「スタート-メインテーマ1」、ドンドコドンの「森の国・・・長いので以下省略」、ドンドコドンの「BOSS SCENE」、ドンドコドン2の「アスレチック(ウッズランド)」などシューティングゲームの曲と同じくほとんど1面の曲が最高過ぎる!

 

これは、個人的に思い出がある人向けのサントラかもしれないですね。わたしも、それ以外のタイトルのゲームの曲あまりわかりませんしね。ですので、マニア向けということでおすすめ度は★3つぐらいにしときます(汗

 

クラリスディスクショップの商品概要から引用しています。

「アルカノイド」「バブルボブル」「ドンドコドン」…etc、数多くある名作AC版移植タイトルのほとんどが今回初の音源化となって登場!
Vol.1では「ドンドコドン2」「バブルボブル2」などのシリーズ ”2” となるFCオリジナルタイトルも含めた、全12タイトルをお届けします。

 

CD基本情報

おすすめ度(5段階)★★★

-----------------------------------------------

☆Rom Cassette Disc In TAITO Vol.1

発売日:2016年8月31日

作曲家等:君島正  他

内容:CD2枚

価格:3,200円+税

レーベル:CLARICE(CDST-10043)

-----------------------------------------------